TOEIC295点だった私が航空無線通信士に48日間で一発合格した勉強法

スポンサーリンク




まずこれから航空無線通信士の試験を受験される方、受験を考えている方、航空特殊無線技士と航空通どっちを受けようか悩んでいる方などの話を聞いていると、英語のできる方やパイロットを目指している方を除いて一番ネックになるところが英語だと思います。

私なんかは「えいご」という言葉を聞いただけで一歩引いてしまうというか英語なんかできないしな。って思ってしまいますし、ここまで拒否反応を示さなくても苦手意識が先行してしまい受験を断念するという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私の勉強法

私のような英語が不得意、苦手意識があるなど、多くの人が航空無線通信士の英語について不安をお持ちだと思います。【TOEIC295点だった私が航空通に48日間で一発合格した勉強法】なんてたいそうなタイトルをつけていますが、この航空無線通信士の英語は一般的な英語の試験と違って7割くらいは航空関係の問題が出題されるので意外となんとかなる問題が多いです。英会話に関しても半分以上は航空関係の内容なので得点できます。

ただし、筆記の方は航空関連の知識及び国際法規を知らないと結構苦戦すると思うので日本の電波法と併せて最低限覚えた方が気持ちに余裕ができますし、航空業界に興味のある方でしたらイメージしやすく苦なく覚えられる内容だと思います。

例えば、以下は私が受験した平成30年2月期試験の問題で、私の知っている単語を赤字にしてあります。

航空通信に関する国際文書の規定文の趣旨に沿って述べたものである。これに対する設問に答えなさい。
In the case of complete unavailability of the operator in the course of a flight, and solely as a temporary measure, the person responsible for the station may authorize an operator holding a certificate issued by the government of another Member State to perform the radiocommunication service.

設問
Under what circumstances may the person in chage of a station permit someone qualified in another country to perform the radiocommunication service during a flight?

答え
Such temporary authorization may only be given in cases where there is no possibility of the regular operator performing his/her duties on a flight.

ここからは私の英語力をさらけ出すことになりますが、文法とかわからないので直訳的イメージになりますが、おそらくこの国際文書の規定文に書かれていることは

「運航中にオペレーターが利用できないとき、一時的に政府の発行した証明書保持者に権限を与える」的なことが書かれていると想像できます。

設問
「飛行中どのような状況下で無線通信を許可できるか」的なことしか理解できていないです。

答え
「一時的なものはレギュラーオペレーターが不可能な場合のみ与えられる」的な感じだと思います。

法規で勉強するとは思いますが、電波法で無線設備の操作は以下のように規定されています

電波法第40条の定めるところにより無線設備の操作を行うことができる無線従事者以外のものは、無線局の無線設備の操作の監督を行う者として選任されたものであって第4項の規定によりその選任の届出がされた者により監督を受けなければ、無線局の無線設備の操作を行ってはならない。ただし、船舶又は航空機が航行中であるため無線従事者を補充することができないとき、その他総務省令で定める場合は、この限りでない。

このように私はこの程度の英語力ですが、おそらくこの電波法と似たような内容ではないかと思い、私は「Such temporary authorization may only be given in cases where there is no possibility of the regular operator performing his/her duties on a flight.」の選択肢を選び正解しました。

ちなみにこの問題の規定文はICAO(国際民間航空機関)の附属書に記載されている一文です。

オススメの英語の勉強法

こんな感じで国内法規や国際法規を勉強していれば解けそうな問題も多数あるので、航空無線通信士試験の英語が苦手な方への私のオススメの勉強法はまず、日本の法規をしっかり勉強すること、そして航空業界に興味を持ちできれば国際文書等も目を通しておくことです。

無線工学・法規の勉強法

無線工学と法規に関してはテキストを参考書代わりにしてひたすら過去問を解けば比較的容易に合格点に達するだけの知識は付きます。

スポンサーリンク

合格までの流れ

【67日前】
郵便局にて試験手数料払込
【66日前】
やさしく学ぶ 航空無線通信士試験購入。
【48日前】
上記やさしく学ぶ航空無線通信士を一通り読み始める。
【42日前】
テキストにざっと目を通し終わったので、購入していた無線従事者国家試験問題解答集 航空無線通信士の無線工学と法規を中心に解き始める。
過去問で間違えた問題はテキストで確認をして知識を増やしていく。
【33日前】
平成30年1月23日発売の新刊航空無線通信士 英語試験問題集 傾向と対策を購入。英会話の対策ページを読み実際にリスニングを始める。
【5日前】
過去問で同じ問題を2回間違えたところ、曖昧なところを試験直前に会場で確認できるように試験直前確認ノート【航空無線通信士】にまとめてスマホに入れる。
【3日前】
3日前になってやっと無線従事者国家試験問題解答集とサイトからダウンロードしプリントしていた7年分の過去問(平成20年8月期から平成27年8月期)の無線工学と法規を2回ずつ解き終える。英語に関しては長文を見ただけで頭が痛くなるので4年分を1回だけやりました。

過去問の結果は【航空無線通信士】不安だらけの英語筆記試験。試験まであと3日。

【航空無線通信士】不安だらけの英語筆記試験。試験まであと3日。

2018.02.21
【前日】
追加でダウンロードしていた最新の過去3回分の過去問を解いて仕上げに入る。

【当日】
 航空無線通信士試験本番
試験会場の東京ファッションタウンに向かい、テキストを持っていくと重いのでスマホに入れた試験直前確認ノート【航空無線通信士】を開始直前まで確認し試験に挑む。
帰宅後すぐに自己採点し無線工学及び法規は合格確実。不得意な英語は得意な知り合いに採点を頼みこれも合格確実。

【3日後】
公式HPに今回の試験問題及び解答が公開され、再度答え合わせをする。
結果は自己採点と変わらず、以下の通りです。

無線工学の合格点が40点になっていますが、おそらく誤植でしょう。

【18日後】
結果発表

免許取得までに掛かった使用教材と費用

使用教材

Amazon.co.jpで見る
やさしく学ぶ 航空無線通信士試験
  • 吉村 和昭
  • 価格   ¥ 2,808
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック
航空無線通信士 英語試験問題集 傾向と対策
  • 山村嘉雄
  • 価格   ¥ 2,268
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック
  • やさしく学ぶ航空無線通信士
    一度これとは別の標準教科書なるものの内容を見てみましたが、お硬い内容で勉強意欲をなくしそうなものでした。これはタイトル通り、初めて学ぶ人でも挫折せずに読んでいける内容のテキストになっていてオススメの書籍で、これ一冊あれば無線工学と法規は十分合格点が取れます。
  • 国家試験問題解答集
    過去の問題が収録されているのでほとんどの人が使っている問題解答集になっていると思います。無線工学の問題の簡単な解説は載っていますが、法規、英語に関しては答えのみの記載です。
  • 英語試験問題集 傾向と対策
    この書籍のいいところは他の航空通英語の書籍と違って英会話(リスニング)試験の音声を実際に聴くことができる点です。また、英語(筆記)に関しても詳しく解説が載っているので英語が苦手な方で勉強の仕方がわからないという方は持っておいて損はないと思います。
  • 試験直前確認ノート
    こちらはkindle電子書籍になりますが、筆者が過去問を繰り返し解いていく中で複数回間違えた問題を、試験直前に会場でスマホやタブレットで確認しやすいようにまとめてあるものです。穴埋め部分や重要な部分が赤字になっています。

費用

合  計 16888円
試験手数料 9062円
やさしく学ぶ航空通信士試験 2808円
過去問題集 1000円
英語傾向と対策 2268円
免許申請手数料 1750円

まとめてみると結構かかってますね。

まとめ

航空無線通信士の試験は、法規に関しては過去問を2回繰り返せば余裕で合格ラインを超えることができます。

無線工学に関してもほとんどは過去問の繰り返しで合格圏内に入りますが、ここ最近の問題では少し踏み込んだものが出題されているように思いますので、過去問を繰り返し解いたあとにもう一度テキストを隅々まで読んでみるといいかもしれません。

英語に関しては私は偉そうなことは言えませんが日々の積み重ねでしょう。ただ、前述したようにこの航空通の英語試験は航空関連が多く出題されます。航空業界に興味のある方は比較的頭に入りやすい内容になっていますので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク