【第1段階】所内教習から仮免取得まで。大型自動車(一種)

スポンサーリンク




大型一種を取得するまでには第1段階教習、修了検定(仮免)、第2段階教習、卒業検定とクリアしなければならないのです。

第1段階

第1段階の教習では路上に出ることはなく全て教習所内で終わります。中型免許(8t限定)を持っている方は、この第1段階が8時間あり、一日最大2時間まで乗ることができるので、最短4日で終えることができますが大型は常に混雑しているので最短日で終えるのは至難のわざです。

飛鳥ドライビングカレッジ川崎の場合は8時間の内、シュミレーター教習が1時間あるので実際に車両に乗るのが7時間となります。

私の通学・教習期間

教習時間 予約 キャンセル待ち 教習内容
5/1 ●● ギアの入れ方、ハンドルの回し方、コース外周走行、右左折、路端停止・発進、坂道発進、踏切
5/2 ●● S字、路端停止・発進、踏切、隘路、発着点からの発進・戻り
5/4 失敗
5/5 ●成功 いままでやった課題の復習、仮免検定コースの走行
5/6 ●成功 シュミレーター(急制動)
5/8 ●成功 第1段階みきわめ
スポンサーリンク

修了検定(仮免技能検定)

5/8(火)

8時間目のみきわめでOKをもらったので修了検定に進むが、やはり予約でいっぱい・・・。
飛鳥ドライビングカレッジ川崎の場合は、大型一種の修了検定は火・木・土の9時からで1日5人のみ。

5/10(木)

予約でいっぱい。
(キャンセル待ちで予約(失敗))

5/12(土)

予約でいっぱい。
午前中は仕事で行けず。

5/15(火)

午前中は仕事で行けず。

5/17(木)

最短で予定が合うのがこの日だったので予約&合格

頑張ってキャンセル待ちで教習期間を短縮してきたのに修了検定の予約が随分先となり、結局教習開始から17日後に修了検定(仮免技能検定)となってしまいました。。。

教習内容と手順

教習内容に関してはどこの教習所も同じだとは思いますが、以下「C」「D」「M」「5番」や「3番」等が出てきますが、飛鳥ドライビングカレッジ川崎のコースでの交差点名等です。

路端停止・発進

Cを通過中に左ウインカーを出す3速半クラで徐々に左を詰めて進入緑のポールにバンパーを合わせて停止サイド、ニュートラルにし「終わりました」→2速に入れサイドを解除ハンドルを右に1回転切る右ウインカーを出し右後方確認後発進しリアのオーバーハングを確認左ウインカーを出して元の車線に戻る

30Km/h走行

コース外周外回り線路と平行の道路で一瞬で良いので30Km/hを超える走行をする

坂道発進

30Km/h道路から左ウインカーを出して減速し坂道に向かう坂道の途中で停止するサイドを引き2速に入れる半クラにしサイドを解除ウインカーなしで本線に合流(本当はウインカーが必要だとは思うのだが、飛鳥DC川崎では大型は必要ないとのこと)

踏切

右ウインカーを出して右寄りを走行5番から入り踏切手前で停止窓を開け左右を確認右ウインカーを出して発進し本線に入る

●S

カーブ手前から右ウインカーを出して曲がりながら右に寄せる3番を右折し半クラで進む

隘路

右折

Cから進み対向車がいなければ右ウインカーを出し中央線を越えるオレンジラインを踏まないように左側面に這わせながら進む停車場所の2本のラインの手前のラインが運転席に来たらハンドルを切り始める右後輪が枠内に入ったらまっすぐ調整

左折

Mを左折し対向車がいなければオレンジラインを踏まないように右側面を這わせながら左ウインカーを出したまま進む停車場所の2本のラインの手前のラインが運転席に来たらハンドルを切り始める左後輪が枠内に入ったらまっすぐ調整

発着点

発進

ハンドルを1回転した状態で右ウインカーを出し確認後発進

戻り

Mを右折し右の後輪が中央線の内側に入ったら左ウインカーを出して縁石から30センチ以内に維持しながら左折する左ウインカーを出しっぱなしで発着点のポールの位置にバンパーが来たら停車サイドを引きバックギアに入れたらエンジンカット

急制動

シュミレーターでの教習

 

第一段階に関しては特に難しいこともなくすんなりと教習を終えることができました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク