いいね!が集まる香港。インスタ映えするフォトスポット8選!

スポンサーリンク




100万ドルの夜景だけじゃない!

香港の一番有名なフォトスポットといえば100万ドルの夜景が眺められるピクトリアピークですが、ちょっと足を伸ばせば香港人の生活感が感じられるフォトジェニックな場所がたくさんあります。そんな世界中で注目されているSNSにアップしたくなるスポットを私が足を運び、実際に撮った写真と共に紹介したいと思います。

長いので2ページに分かれています。

定番の100万ドルの夜景(ビクトリアピーク含む)

香港といえばこれ!短期滞在の方も香港に来たら一度は見に行く夜景スポットではないでしょうか。香港島のビクトリアピークから撮るもよし、尖沙咀プロムナードから香港島を撮るもよし、Sky100の展望台から撮るもよし色々な角度から素敵な景色を撮ることができます。また、20時からはシンフォニーオブライツが始まるので動画を撮ったり写真を撮ったり、この時間帯は沢山の人で混雑します。

以下の動画は「九龍側から香港島をタイムラプスにしたもの」と「ビクトリアピークに行く方法と展望台からのタイムラプス」です。ピークトラムは非常に混み合いますのでピークトラムを利用せずにバスで行く方法及び無料の展望台の情報も紹介していますので参考になればと思います。

スポンサーリンク

行くだけで幸せ!彩虹駅のレインボー団地

最近インスタグラムでよく見るようになった彩虹駅から出たところにある虹色の団地です。ここでは地元の子供達がバスケをしていたり散歩していたり、観光客が各々カラフル団地を撮ったり、時にはポートレートの撮影をしています。

香港島のトラム

このトラムは香港島を東西に走っていて、このレトロな感じと高いビル群とうまいことに調和していて初めて見たときは不思議な感じになりました。普通に走っているところもいいですが、街並みと絡めて撮るととてもフォトジェニックです。

水上棚屋の残る漁村。大澳(Tai O)

大澳は空港や香港ディズニーランドのあるランタオ島の西にある水上棚屋の残る漁村で、食べ歩きB級グルメの天国なんて言われているそうです。また昔はピンクドルフィンを見ることができたようですが今ではその生息数も激減しほぼ見ることはできなくなっています。

以下の記事は香港島から大澳へ行く方法と街並みの様子、ピンクドルフィンウォッチングクルーズの一部を紹介していますので参考になればと思います。

風情ある香港!水上棚屋で有名な大澳(タイオー)に行く3つの方法【動画あり】

2017.11.27

スポンサーリンク




スポンサーリンク